IBMクラウドに接続するには

IBMのクラウドサービス「IBM Bluemix Infrastructure」(旧SoftLayer ※ 、以下「IBMクラウド」と記載)は、高いパフォーマンスとセキュリティーを兼ね備えた企業向けのパブリック・クラウドです。ユーザ企業は、IBMクラウドとオンプレミス環境を閉域網(Direct Link)で接続することで、拡張性と柔軟性に優れた安全なインフラによるビジネス推進に最適な環境を構築することができます。基幹系システムなどミッションクリティカルなシステムをIBMクラウド上で利用する場合、その接続回線の安定性・セキュリティなどが重要となります。ここでは、IBMクラウドに接続するための方法をご説明するとともに、閉域網で接続する際のポイントについてご紹介します。

※2016年10月よりSoftLayerはIBM Bluemixにブランド統合されIBM Bluemix Infrastructureとして提供されております。

  • IBMクラウドに接続するには
    IBMクラウドに接続するためには、閉域網(Direct Link)、インターネットVPN、インターネットのいずれかの方法でIBMクラウドに接続する必要があります。
  • 導入のポイント
    閉域網(Direct Link)を用いた接続では、お客様の用途に応じてさまざまな接続構成が実現可能であり、導入時に詳細な検討が必要となるいくつかのポイントがあります。

IBMクラウドでさまざまな接続構成を実現

当社はIBMクラウド・ビジネス・パートナーおよびDirect Linkサポートパートナーです。IBMクラウド Direct Link接続サービスをご提供することで、お客様のIBMクラウドとの接続を全面的にサポートいたします。当社のIBMクラウド Direct Link接続サービスは、広域イーサネット・専用線などの閉域網サービスを用いて、お客様拠点やデータセンターとIBMクラウドの間をセキュアで高品質な専用ネットワークで接続します。IBMクラウドの閉域網接続サービス「Direct Link」を利用した接続は、さまざまな接続構成が実現可能なため、お客様のご利用シーンに応じてお選びいただける複数の接続プランをご用意しました。ここでは、当社サービスの概要と特長、接続プランについてご説明いたします。

  • サービス概要
    IBMクラウドの閉域網接続サービス「Direct Link」を用いて、お客様ネットワークとIBMクラウドの間の広帯域・高品質な閉域網接続を実現します。ここでは当社サービスの概要と特長についてご説明します。
  • 接続プラン
    Direct Linkの3種類の接続方式である「Direct Link NSP」「Direct Link Cloud Exchange」「Direct Link コロケーション」の3つすべてに対応が可能。お客様の用途にあわせて柔軟な構成をご提供します。

IBMクラウド利用企業のネットワーク課題を解決する

お客様ネットワークとIBMクラウドとの間の接続には、多くのお客様から接続回線の「品質」「安定性」「高速性」が求められます。また、IBMクラウドと閉域網で接続する際、お客様のご利用システムやネットワーク構成、業務などに応じて、さまざまな要件の検討・対応が必要となります。当社では、「アクセス区間も含めた冗長構成」や「複数システムごとに帯域設定する接続構成」といったお客様のご要望にあわせて、お客様に最適な接続構成をご提案してまいります。ここでは、実際に当社のIBMクラウド Direct Link接続サービスをご利用いただくことで、IBMクラウドとの快適な接続を実現されている企業様の導入事例についてご紹介いたします。

  • 三協立山株式会社様
    三協立山株式会社様
  • 株式会社インテージ様
    株式会社インテージ様
  • 株式会社筑波銀行様
    株式会社筑波銀行様
Top