About

Microsoft Azureに接続するには

Microsoft Azureとの接続方法

Microsoft Azure へ接続するためには、大きく分けてExpressRoute接続とインターネット接続の2通りがあり、ExprssRouteは更にVNet接続とPublic接続の2通りが、インターネット接続にもVPN接続と暗号化通信接続の2通りがあり、合計で4通りの接続方法があります。

接続方法によって、速度、セキュリティ、コストが異なります。それぞれまとめたものが下記の表になります。

接続方法 ExpressRoute インターネット
VNet Public VPN接続 SSL等 暗号化通信
接続イメージ 広域イーサネット・専用線​
インターネットVPN​
インターネット​
速度 帯域確保
10Mbps~10Gbps(お客様側)
50M, 100M, 200M, 500M, 1G, 2G, 5G, 10G(Azure側)
ベストエフォート
セキュリティ VNetへ閉域で
直接接続

(Private Peering)
Publicサービス接続
(Microsoft Peering)
暗号化トンネルによる
仮想閉域網
SSL等による
VM都度暗号化通信
コスト 回線 帯域毎利用料
専用線等費用
インターネット費用
VPN接続の費用
VPN Router 費用
インターネット費用
データ
転送量
安価 標準 標準

ExpressRoute接続とは

Microsoft Azureでは、プライベート接続のために閉域網接続サービス「ExpressRoute」が用意されています。
ExpressRouteとは、お客さまの環境とAzure間を閉域網で接続するためにMicrosoftが提供しているサービスであり、高いセキュリティで高品質の通信が可能となります。ExpressRouteと高品質でセキュアな広域イーサネットや専用線によって、Microsoft Azureのさまざまなサービスを快適かつ安全に利用できます。

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ・見積依頼などお気軽にお問い合わせください
  • Microsoft、Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。