導入事例

GCP接続サービスは、2015年9月の提供開始以降、大変多くのお客様にご利用いただいています。
ここでは、GCPとの快適な接続を実現する多様な利用ケースと導入事例についてご紹介します。

株式会社サイバーエージェント

メディア事業やゲーム・インターネット広告など各事業を展開する株式会社サイバーエージェント。同社では、自社サービスのシステム基盤としてアマゾン ウェブ サービスやGoogle Cloud™などのクラウドサービスを利用していたが、同社データセンターとGoogle Cloud 間をよりセキュアで安定したネットワークで接続することを検討。既存回線を利用したGCP 接続サービスでセキュアで高品質、さらに高い耐障害性を確保しつつ、アクセス区間の回線を敷設する手間やコストを最小限に抑えることができました。
また、複数のクラウドサービス上に構築したシステムをシームレスに接続するネットワーク基盤を獲得したことで、将来を見据えた接続回線の有効活用やグループ内での利用拡大も視野に、期待できるITパートナーとしてご評価いただいております。

Point1
既存回線を利用したGCP 接続サービスで品質向上とコスト低減を実現
Point2
スピード感を重視した技術的な意見交換を重ねプロジェクトの進捗に貢献
Point3
マルチクラウド上に構築したシステムへのシームレスなネットワーク基盤を獲得

  • 本導入事例の内容は制作時(2020年11月)のものであり、変更されている可能性があることをご了承ください。

導入事例の詳細はこちら

耐障害性を高めてGCPを利用するケース

Point1
当社閉域網とGCPの接続を1つのロケーション内の別拠点にすることで、可用性を確保
Point2
アクセス回線を二重化し、耐障害性を向上

G SuiteとGCPの両方をセキュアに利用するケース

Point1
G Suiteとの通信は、当社のIPバックボーンとGoogle Cloudを直接接続しており、インターネットよりもセキュア
Point2
GCPとの通信は共用接続プランを利用し、閉域で接続

各拠点から直接GCPに接続するケース

Point1
クラウド接続ルーティングオプションを利用することで各拠点からの通信を集約
Point2
当社閉域網とGCP間の接続を1つに集約することで、Googleに掛かる費用を低減

GCPと他社の複数クラウドを利用するケース

Point1
1本のアクセス回線で2つのクラウドに通信が可能であり、アクセス回線費用を低減
Point2
クラウド接続ルーティングオプションを利用することでクラウド間の通信を当社閉域網内で折り返し、アクセス回線のトラフィック量を軽減

  • Google、Google Cloud、Google Cloud Platform、GCPおよびG Suiteは、Google LLCの商標または登録商標です。
  • その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。