ビジネスレベルのAWS活用を支える高品質かつセキュアなAWS接続サービス
Amazon Web Services Partner Network

アマゾン ウェブ サービス(AWS)に接続するには

アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、企業のより迅速な行動、ITコスト削減、アプリケーション拡張に役立つ多種多様なサービスを提供するクラウドサービスです。企業は、AWSと接続することで、それらのサービスをシームレスに利用することが可能となります。
基幹系システムなどミッションクリティカルなシステムをAWS上で利用する場合、その接続回線の安定性・セキュリティなどが重要となります。
ここでは、AWSに接続するための方法をご説明するとともに、接続する際のポイントについてご紹介します。

AWSをご利用するためには、閉域網(AWS Direct Connect)、ハードウェアVPN(VPN Gateway)、インターネット(Internet Gateway)のいずれかの方法でAWSに接続する必要があります。

閉域網(AWS Direct Connect)による接続では、お客様の用途に応じてさまざまな接続構成が実現可能であり、導入時に詳細な検討が必要となるいくつかのポイントがあります。

AWS接続サービスでさまざまな接続構成を実現

当社はAWS Partner Network(APN)コンサルティングパートナーです。AWS接続サービスをご提供することで、お客様のAWSとの接続を全面的にサポートいたします。
当社のAWS接続サービスは、広域イーサネット・専用線などの閉域網サービスやVPNサービスを用いて、お客様拠点やデータセンターとAWSの間をセキュアで高品質な専用ネットワークで接続します。
特に、AWSの閉域網接続サービス「AWS Direct Connect」を利用した接続は、さまざまな接続構成が実現可能なため、お客様のご利用シーンに応じてお選びいただける複数のプランをご用意しました。
ここでは、当社のAWS接続サービスの概要と特長、接続プラン、デザインパターン(接続構成例)についてご説明いたします。

閉域網(AWS Direct Connect)を用いて高速・高品質に接続するサービスと、ハードウェアVPN(VPN Gateway)を用いてリーズナブルに接続するサービスをご用意。両者の概要と特長をご説明します。

閉域網(AWS Direct Connect)による接続では「専用ポート」「共用ポート」「共用ポート(VLANオプション併用)」と複数の接続プランをご用意。「ハードウェアVPN」プランと併せ、用途に応じたプランをご提供します。

「お客様拠点とVPCを1:nで接続したい」「接続回線を冗長化したい」「複数の接続回線を1本にまとめて利用したい」など、AWS接続サービスのご利用シーンに応じたデザインパターン(接続構成例)をご紹介します。

AWS利用企業のネットワーク課題を解決する

お客様ネットワークとAWSとの間の接続には、多くのお客様から接続回線の「品質」「安定性」「高速性」が求められます。また、お客様のご利用システムや業務などに応じて、「複数VPCへの接続」や「アクセス区間も含めた冗長構成」といったさまざまな要件に対して対応が必要となります。
ここでは、実際に当社のAWS接続サービスをご利用いただくことで、AWSとの快適な接続を実現されている企業様の導入事例についてご紹介いたします。

お問い合わせ
  • * アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、Amazon VPC、Amazon EC2、Amazon S3、AWS Direct Connectおよび"Powered by Amazon Web Services"ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com,inc.またはその関連会社の商標です。
  • * その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。